本文へスキップ


         JAL Kansai Aircargo System Co.,Ltd    

企業情報HEADLINE

会社概要

CEO 1994年9月4日、大阪港南東部の泉州沖にわが国初の本格的な24時間空港としてオープンした関西国際空港 (KIX)は、成田への一極集中を緩和する西日本の基幹空港として、また、アジアのハブ空港として国際物流に貢献しています。
生産・販売・物流を効率化するサプライ・チェーン・マネジメント(SCM)が急速に広がる中で、航空輸送はロジスティクスの切り札として注目されており、物流の一大中継基地・KIXの果たす役割は高まる一方です。
JALCARGOはKIXに最大級の輸出入貨物ターミナルを設置し、日航関西エアカーゴ・システム株式会社(JLKAS)が
安全・確実・迅速な貨物運送サービスをご提供いたします。










社名
日航関西エアカーゴ・システム株式会社
JAL Kansai Aircargo System Co.,Ltd : 略名JLKAS
代表者
代表取締役社長 池田 泰久
本社所在地
〒549-0021
大阪府泉南市泉州空港南1番地JALKAS輸入貨物ビル
→アクセス
TEL. (072)-455-3660
FAX. (072)-455-3670
資本金
1億円
設立
1975年12月10日
従業員数
159名(2015年5月1日現在)
事業内容
1.貨物取扱および郵便物の運送受託業務
2.荷役用機材および機器の整備、保管、賃貸
3.自動車による貨物の運送およびその取扱事業
4.前各号に付帯する一切の事業
主要株主
日本航空株式会社 他3社
              
        
         


JALグループ企業理念・JALフィロソフィ

                        
              JALグループの企業理念を   私たちが大切に考える、行動指針を  
                ご覧いただけます。       ご紹介いたします。

組織図



沿革

 JLKASの前身・大阪エアカーゴ・ターミナル(OACT)は、大阪国際空港(伊丹)で輸入共同上屋を運営する会社として1975年に設立されました。1994年、社名を日航関西エアカーゴ・システムに変更。KIX開港と同時に輸入共同上屋の運営を開始、長年に渡り培った上屋運営のノウハウとJALの誇る最新の輸送技術を生かし、到着貨物の蔵置、引き渡し、他空港貨物のトラック運送手配まで、一貫した航空会社の輸入ハンドリングを行ってきました。
そして、2000年1月から新たにJALおよび受託外国航空会社の輸出貨物・国際郵便取扱い業務を開始。JLKASはJALのKIXにおける国際物流の中核企業として、お客様のロジスティクスを支援しています。
今後も効率的・高品質な貨物ハンドリングを追及し、国際物流に貢献していきます。


1975年12月
大阪エアカーゴ・ターミナル(株)(略名OACT)として設立
1976年1月
大阪国際空港(伊丹)で輸入共同上屋を営業開始
1979年1月
自動車運送取扱事業開始
1993年10月
日本航空から、輸入貨物、国際郵便の航空会社業務を受託開始
1994年4月
社名を日航関西エアカーゴ・システム(株)(略名JLKAS)に変更
1994年9月
関西国際空港に移転
1995年9月
増設上屋(JALKAS第2貨物ターミナル)竣工
2000年1月
日本航空から、輸出貨物、国際郵便の航空会社業務を受託開始
2006年10月
増設上屋(JALKAS第3貨物ターミナル)竣工


                                           

日航関西エアカーゴ・システム
株式会社

〒549-0021
大阪府泉南市泉州空港南1番地JALKAS輸入貨物ビル

マイナビ2017